破天荒な人生を歩いてきた人が、人を雇う、仕事を任せるという側になって気づいたことをシェア

前回の代理管理人募集の件、このSMOUTというサイトで自分のゲストハウスを誰かに任せ、その間別のチャレンジをするということになりました。 (良さそうな人がいたら紹介していただけたら嬉しいです。)


https://smout.jp/plans/6927


すでに10名くらい問い合わせが来てるようですが、いずれもよさそうな方ばかりで嬉しい悩みです。

そして今回、ここで気づいたことは、これまでも天空の茶屋敷は僕の不在時に色んな人に任せてきたりしてきて、そういう自分の経験からいって、ユニークで面白い人やハイスペックな人というよりも安定感のありそうな人がいいという当たり前のことにようやく気付きました。


やはりちゃんと大学や専門学校などを出ているとか、会社員が務まる人とか真面目に勉強して資格取得などをしてきた人だとかは安定感を示す客観的な指針としてわかりやすい、、、 (自分がこれまでそういうものに中指立ててきたような真逆の人生を歩いて来たのに。)

逆に自分と同じようなユニークな人にお願いするのはギャンブルになってしまう。もちろん安定感のある無難な人であればリターンもそれ相応で大きな発展は遂げなさそうだと思うけれど、突拍子もないチャレンジの部分は僕が担うのでそれでよい。

そういうユニークさとかハイスペックだったりなどは途中でやめちゃったりとか衝突したりとか余計なことをしたりリスクになりかねない(これまでの実際の体験と色んな人の例を見てきた経験から)


自分が規範のレールを走ることが出来なかった人生を歩いて来ている身でありながらも、夢のない話かもしれないですが残念ながらそういう観点から見れば世間的に言われる学歴とか職歴とかってやっぱ大切なのかな~、と当たり前のことにここにきてやっと気づいたりしました

閲覧数:113回0件のコメント