第24話、世界一周中に海外就職活動した話。

最終更新: 2019年9月7日

久しぶりのジローの物語のブログとなります。


日本を離れ世界一周の旅にでて2年半の月日が流れたころの話です・・・

(内容は当時のブログのコピペを元にしています)





北米にて1年半を過ごし、中南米で1年を過ごした後にヨーロッパへ・・・

気づいたら、四捨五入したら20歳だった僕はアラサーへと立派に成長をしていました。



※ヨーロッパに到着してからは、物価高だったりそれまでの旅の中でヨーロッパ中に友人ができていたので、基本は彼らの家を泊まらせてもらいながらの旅だった。




本当に、日本を離れてこうやって地球半周できて本当に良かった。

色んなことを学ぶことができたし、日本中、世界中問わずいろんな人とのつながりが増えた、本当に世界は広がった。


自分の中では当たり前になっててついつい忘れてしまいがちなことだけど、出発前から考えてみればこれはすごいことだ!



本当に、、、、、地球のみんなからオラに元気を分けていただいた


ただ、その時に思っていたことは


『いつまでもこんなことをやっているわけにはいかない、所詮は経済格差を資本とした遊びでいつまでも続くわけないだろう』


2年半も一度も帰国することはせずに海外放浪するなんてことは。旅人の中でもはっきり言って普通じゃないレベルなことだ。

でもまあ、それはすごいとかそういうのではなく、非日常だってそれが日常となれば別にすごいなんてことはない、ただ継続したかしてないかの違い。

(まあ普通は飽きたり、資金が尽きたり、人生をちゃんと考えて、次の行動をとったりするから)



もちろんその気になればあと10年くらいはこうやって地球を放浪できるだろう、でもそんなのは別に望んでたわけではない、、、

というのは日本を離れる時に決めたこと・・・・


"海外放浪の旅の目安は大体3年(もうすでに2年半が経過)、もしくは自分の道を見つけるまでは日本へ帰らない"


今の自分から思えば、そんなことは考えないで、何とかなるから気軽にとことん好きなことやれよ!


大丈夫、何も心配しなくていいよ。どう生きてもどうせいつか死ぬから!


とアドバイスしてあげたいくらいだけど、当時は一度きりしかない自分の人生についてシリアスに考えていた。


海外に出る前の当時の僕の環境の場合は今ほど情報がありふれていなかったり海外放浪が一般化されていなかったから、当時、安定を捨てて自分の人生を生きることへのハードルは今とは微妙に違っていた


自衛隊にいたときはもちろん周りにそんなことやってる人はいなかったし、外の人の価値観に触れるチャンスがものすごく限られていた

『インターネット=危険』というしっかりした教育が隊員にされていたわけで、インターネットは規制されてたし、バカ真面目だった僕はそれを疑うことすらなかった。


そんなところにいた。


『安定を捨てて海外放浪する??バカじゃないの??』


と当時の職場の人たちに半分バカにされながらも我が道を行くことを決心したこと

特に親の反対を押し切って出ていったこと

そういう背景があったからこそ、そういう人たちに対しても堂々と凱旋帰国をしたいと思っていたくらいだから


だから・・・


『いづれ旅は終わる・・・・そのときに何も得ていなければ、この旅は全く無駄に終わる・・・・』


それは旅立つ前からそれはずっと考えていたこと、それが何かのプレッシャーとなっていた。



とはいうものの



まぁ、2年半のその経験だけでもうすでに十分に価値があったことだと思ってるから、もはやそんな無駄だということは全く無いんだけど!!!!


たとえ明日が寿命だったとしても

『まったくもっていい人生だった!!』

といって死ねる、本当に十分過ぎるくらいに満足した!



※一生に一度行ってみたかったトマト祭り、意外にもどういうわけかこの時のメンバーは今でもつながりが続いてたりする。



しかしやはりいつか旅が終わる時のために今のうちに何か積み立てて行かなければならない

なんとかして自分の道は自分で切り開かないと・・・


そうやって基本一人でいると、本当に色々と考えることがある、一人旅はいろんな人と出会うチャンスがたくさんあり、それと裏腹に一人でいる時間もものすごく長い。

道中では自分の人生について深く考えてみたりもしたものだ。

ある意味旅人はこういう人生哲学は普通の人よりも深く考えていたりするものだ



それは、まあ暇だからだろう!!(笑)




例えば・・・・


(絶滅寸前と危惧されている日本の伝統的民族である)とあるヤンキーグループが・・・・)

『なぁ、高校卒業したらどうする?』


「俺はビックになる為に東京に行くよ」

「俺は自分の音楽がどこまで通用するのか知りたい、アメリカにいくよ」

「俺は家業継がなきゃなんねぇし・・・」

「俺は普通に大学に行くよ」



などと夢と現実に真剣に向き合って考えるのと同じで自分も自分の将来について真面目に考えていた。

まあ暇ってのは豊かなことです。

24歳(旅立った当時)は確かに世間一般で見れば若い、ヨーロッパまでやってきたその時も26歳だけどまだまだ若い、だけど歳をとればとるほど自分の可能性というものが薄くなっていくのは紛れもない事実


東周りで世界一周をしていた僕はそれまで出会った人たち、こういう日本人長期旅行者は基本的にラテンアメリカで出会った人たちなんかは特に年齢層が高かった。

26才の僕でも出会った日本人の中では比較的若いほうだったと思う、そんな人生の先輩方によく言われたことは


『君はまだまだ若いんだし、とことん遊んで好きなことやっててもまだまだ大丈夫だよ、僕たち位の歳になったら自分の人生について真剣に考えないといけなくなるんだ、僕たちが君くらいの時はね~~~~』


という話をよく聞いた。


まあそれもそうなんだろうけど、まだまだ若いからと言って後先考えず何もやりたい放題やってるだけだったら結局歳を重ねた時、もしくはこの旅が終わった時に同じ問題がいずれやってきてしまう。

計画性も目標も何も無いまま好き放題やることはただ単に問題を先送りしてるだけだ。



と、道中いろいろ悩んだりよく瞑想したり迷走したものだ



そんな僕は、将来は・・・どうせだったら自分の好きなことを仕事にしたいなぁ~~~

とありがちなことを考える。





結局、今の時代に生きていくためには仕事をしないといけない、仕事ってのは寝てる時間以外ののほとんどの時間を費やすものだから、好きなことを仕事にするのが最も幸せなことだろう。


まあこの言葉を別の角度から解釈をすれば、今の時代、仕事さえすれば、仕事さえあれば地球上のどこであろうと何とか生きていける、ヌルい!!


だったら好きな仕事にさえありつけばどっちかといえば勝者(笑者)だろう。









そりゃあ

もちろん誰だって自分の好きなことを仕事にしたいだろう

しかし、どこの国においても好きなことを仕事に出来てる人なんていうのは一握りだ



「人生一度きりだから好きなことを仕事にしないでどうするんだ!!!」


「いやいや、好きなことを仕事にすることが必ずしも幸せではない、それはそれがお金を稼げていけるものとは限らないからだ!」


「それよりも今自分のやっている仕事、それを愛する努力をするべきだ!」



まあ当然だけど色んな考え方がある。

当時の僕でもネットや人や色んな本を読んでは僕なりにそれなりの価値観に触れていた。



ヨーロッパに到着してから、ラテンアメリカよりも断然日本人旅行者と出会う割合が増えてしまい、いたるところでいろいろな日本人の方とお話させていただきました。

僕の物語を話すと、『おおっ、この小汚い日本人浮浪者は只者じゃないぞ!』みたいな感じで興味を持たれていろんな質問をされてしまうのです。


ということでついつい調子に乗って色んな方に語ってしまいました・・・・

旅立つ前から、旅立ったときのこと、旅中にあったこと、そして自分の人生について・・・・



好きなことを仕事にする・・・?



うーん、何だろう。

興味のあること、やってみたい事なら沢山あるんだけど・・・・




よーく、よーく考えてみた。

この旅の中で、自分の人生について、そして幸せについて本気出して考えてみた・・・


時には悟りを開いたり・・・・

時には宇宙が見えてしまったりしながら・・・・



そうやって、普通の人からしたらそこそこ気色悪いレベルにまで達してしまった僕はとあることを思い出しました。

遡ること約一年10ヶ月前・・・・当時私はカナダワーホリ中で極北のオーロラが見える町のとあるオーロラ観光会社で働いておりました。



そのときに少しだけ携われた仕事・・・・それは『Dog musher(犬ぞり操縦士)』





その仕事内容は・・・

ワンちゃん達の世話(ウ●コ掃除、エサやり、ワンちゃんの体のメンテナンス、防寒を助ける措置)

そしてお客さんが来たときは犬達をそりにつないでお客さんを乗せてガイド。


こんなことをいうと、また当時のマネージャーに怒られてしまうけれど・・・

まさに自分のペットが50匹くらいいるようなもので