© 2020 Sky Tea House

  • Jiro Sakamoto

第20話、男二人旅、そしてあり得ない国境越えにて、密入国容疑で檻の中に閉じ込められた話

最終更新: 2019年3月24日

南米周遊バックパッカーの旅。


たまたま向かってる方向が同じだったオランダ人のSjoredとしばらく二人旅となる。



sjoerdと二人でパンタナルを目指そうということになったため、アスンシオンにて情報収集。

パンタナルというのは南米の中央に広がる世界最大級の湿地地帯であって、南米のハイライトのひとつである。 本来はブラジル側の観光がメイン、だけどパラグアイ側にもボリビアにも少しだけ広がっているという。

なんとか定期的に出てる船の情報をゲットすることができたけれど生憎北上してしまった先の情報が見えない パラグアイはそもそも旅行者向けのインフラがあまり整っていない、ボリビアに次ぐ南米最貧国といわれるけれど ボリビアの方がよっぽど旅行はしやすい。

そして問題はそうやっていくのはいいけれど、どうしても行き詰ってしまった際はどうするのか??

再び同じ道を帰る??

いや最悪ブラジルに抜けるという方法もあるかもしれないけれど生憎日本人にとってブラジルに入国する際はビザが必要。

ビザはここパラグアイで申請するのであれば簡単に取得できるけれども、いくかもいかないかもわからないのにビザ申請なんてしたくもないし・・・・

そんな中、パラグアイ川を船で北上したあと船をチャーターしてボリビア軍の基地まで送ってもらい、そこから入国することもできるという情報をゲットした

何だか良くわからないし、一人一人言うことがぜんぜん違うから確かなことはいえないけれど面白そうではある。

じゃあそれでいこうか!!!

ということで次のボートの出発は火曜日、ここアスンシオンから北にある町、コンセプションから

一週間も時間があるな・・・・・

ということでビールでも飲んだくれながらのんびり行くことにした


カオスなバス移動

こうやって細かいことを気にしない欧州人と一緒に旅するのは日本人ほど気を使わなくていいから楽だ。

二人でこうやって知らないところを情報収集しながら旅をするのは楽しい。

洪水でバスが通れなくなりみんな降りては奥まで進む

そして何も無いところ、欧米パッカーの彼らは良くoff beaten pathだとかmiddle of nowhereとかいう言葉を好んで使う 日本語で近いものに置き換えるとすれば・・・・定番の旅行コースじゃなくてオリジナルな自分だけの旅、そしてここがどこだかわからない何も無いところ かな????

そしてこのブッシュを抜けて到着

ラグナブランカ

ここにはボランティアスタッフとして世界中からきている学生さんたちもいて・・・・ この時期珍しいゲストなのか、その日はキャンプファイヤーで歓迎していただいた

そこで一人フロリダ出身の女の子のサブリナ。 彼女は大学の専攻が昆虫と日本のカルチャーらしく、去年日本に住んでたという。 日本では本当にいい人たちばかりに出会って、日本が大変気に入ったそうな。

『I miss Japan I miss Japan』と何度連呼していたことか・・・

『君はあんな素晴らしい国の出身であることに誇りを持つべきだよ』

「持ってる持ってる!!」

『いや、もっと持つべきだよ!!!』

実はこういう人にはちょくちょく出会う。そういう話を聞くとすごく嬉しくなるな・・・



数日後・・・船出の日

出発はコンセプションから、道中で拾ったもう一人合流したアイルランド人のPaul君と、冒険好きなのかアホなのか、面白そうだとかいって便乗してきた。


目的地はバイアネグラまで

そして船からまた道中で仲間になった3人のイングランド人のお姉ちゃんたちとも合流し少し大きめのパーティーとなった

地元民からはハリウッドスターが来たと勘違いされる。(私はジャッキーチェン)

三日間カオスな船に揺られながらのんびり進む~


そして道の果て、バイアネグラ。

途中で一緒だったイギリス人3人組は途中の港で降りてったために、後半は野郎共で旅をしていた。

そしてここでヒッピー系スペイン人2人組みとアイルランド人2人組みにも出会う。


ビールで乾杯

こんなところにも旅行者はいたもんだと関心、いやもはや彼らは旅行者とか言えるようなレベルではない。

このあと船を買うかイカダを作って北上していこうなんていってたもんだから・・・・

いやいやいやいや・・・・

そんなこんなでとりあえずはパンタナルの自然を満喫。 バイアネグラから更に1時間半ほど進んだところにある、ナチュラルリサーブ。

『トレスヒガンテ』

問題はその後だった、予定ではここからボートをヒッチしてボリビアまで抜けるルートをきいていたんだけど、どうも我々旅行者の足元を見たような料金を吹っかけてくるような輩ばかり・・・ おかしい・・・・、話に聞いていた料金とはぜんぜん違う・・・

ということでみんなで分かれてはそれぞれ情報を調べて料金交渉していくことにした。 自分たちがグループで行動しているようには見せかけないほうが上手くいくんじゃないかと思ったから・・

そしてそんなとき、のどかな村をぐるっと回ってて一番驚いたカルチャーショックがこれ・・・・

赤ちゃんビール飲んでるやん!! 3歳と2歳の兄弟だという、将来有望な子供である。

俺が驚いてたのをみて隣でケラケラ笑うお母さん、メチャクチャでおもしろい。

まあそんなこんなでみんなの苦労が功を奏したのか、次の日に比較的良心価格でボートを出してくれるおっちゃんに出会うことができた。



おっちゃんの小型ボートでボリビアに向かう・・・

ぼく以外はどうやら初の入国だそう・・・

そして予定に聞いていたボリビア軍基地に到着。ここにて少々手厳しい荷物検査をクリアし・・・


そして前もって依頼しておいた車をチャーターもらう

んだけどまたまたここで問題が・・・

どうやらその車が途中でパンクしたらしく迎えにこれないと・・・


困り果てていたところで他の旅行者にも遭遇、どうやらボリビア側から来た模様・・・・いったいどんな旅してたんだ???



こんなところにも旅行客はいるもんだと関心させられた

どうやら彼らの手配した車も迎えに来てくれるという話らしいけどちゃんとした連絡が取れてないんだとか・・

しばらく待つことにした・・・

待つこと・・・・・3時間???

来るのかこないのか??

最悪迎えが来なければここ基地内に眠ることになる・・・しかし当たり前だけどどこの軍も守秘義務なんちゃらなんてのもあるから外国人の我々は基地の建物内に入ることは許されない・・・ となると外で待つことになる。

夕暮時になり、モスキートも大量発生してきては、こうもりなんかも一日中そこに隠れてたのか??と目を疑いたくなるような場所から出現してきた。

モスキートの被害から逃れるためにも僕の一人用テントを広げては入れるだけ入ってじっと待機する・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

そこでようやく、来た・・・・・他の旅行者の為の迎えの車が来てくれた!!

もうそれしか我々に帰れる方法はない・・・・ ということでお願いして無理やり乗せてってもらうことになり・・・

こんな感じ。

この時見た夜の素晴らしい大自然と満天の星空はきっと一生忘れられないだろうと思った。

その時、一瞬だったけどとてつもなく大きな流れ星を見た。 まさに彗星のような・・・

そんな完全に道を外れたような信じられないような方法にてボリビアに再入国を果たすことができた・・・・・・





さてさて、信じられないような国境越えを果たした我々が到着したところは。 ボリビアとブラジルの境にあたる国境の町。『プエルトスアレス』

ここから電車に乗って次なる目標はサンタクルスと呼ばれる都市

そこは世界でももっとも美女の多い都市の一つだという異名があって、ヨーロピアントラベラーたちのテンションは駄々上がりだ。

しかし欧米旅行者のその女の子に対する積極性といったらもう、すごい。 その執念というか根性というか・・・・

そこまでやるのか??


って突っ込みたくも何回もなるんだけど・・・・ なんという動機のけしからん奴らだろうか???


と何度も思わせられたりしたけれど

今は流行ってるのかどうかわからないけど、僕が日本を離れた後くらいから草食系男子なんて言葉もはやりだしたそうだし・・・

よくよく考えたらこれは日本男児も少しは見習うべきことなのかも知れないなって思った。

そしてATMにてボリビアのお金を引き出し、sjoredが電車のチケットを調達してきてくれて ホテルにて出発の時間を待つ。

そこでアイルランド人のpaulは前回ブラジルを抜ける際にスタンプをもらってなかったということで、彼のためにちょっと早めに出発しブラジルの国境まで言っては手続きを済ませることにした ボリビアとブラジルの国境まで行き。

paul君は順調にブラジル出国のスタンプとボリビア入国のスタンプをもらうことができた。

しかし!!!

ここでまた問題、問題はpaul君ではなかった。僕とsjoerdに関しては、コンセプションにてパラグアイ出国のスタンプはもらっているものの、それをボリビア入国管理が認めてくれない

というのも日にちがたち過ぎているからというのも大きな理由で、何故ブラジルとボリビアの国境なのにパラグアイから入国したのか意味がわからないそうな・・

こんな時のためにパラグアイボーダーコントロールの連絡先を控えてるのに受け取ってもくれない

話しても時間の無駄かと思いブラジル側の国境にも尋ねてみるけど、同じことを問われるだけ・・・・

どうするかバデイ????賄賂を出そうか???



もう電車のチケットも買っているし、せめてそれくらいには間に合いたいが・・・・この状態はまずいぞ

ということで負けずに何度も何度も詳しく状況を説明。

変な疑いもめちゃくちゃかけらたりして

上の人間の判断に任せると言われ。帰ってくるまで、とりあえずスペシャルルーム言われる鉄の檻の中に鍵をかけて低調に閉じ込められた。



数時間後、担当の人が帰ってきた。



来たルートを詳しく説明、パスポートのコピーなど必要書類を提出するように指示された。

速やかにコピー屋まで走り、ここで大きく状況を逆転できたのは二人ともコロンビアからの南米脱出航空券を持っていたことだ。



結果はそれを提示してなんとかかんとか入国することができた。


残念なことに、これで時間をとられたせいでかっておいた電車の時間にはまにあわなくなってしまった。


がっかりしてタクシーを拾って駅まで向かって、新しいチケットを買おうとした。



しかし、そこで面白いことが・・・予定の出発時間には少し遅れたけれど南米の電車の時間のルーズさに助けられ、見事に僕らを待ってくれたかのように長い時間遅延していた。


さすがにそれは爆笑、そしてバディとハイタッチ。


無事に乗車しサンタクルスまで行くことができた。

一生忘れることの出来ないであろう国境越えだった・・・・


#ボリビア #サンタクルス #パラグアイ 

#パンタナル #船旅 #南米周遊 #世界一周 #海外放浪

#二人旅 #国境越え #密入国容疑 #海のない国 #大自然 #パンタナール湿原

58回の閲覧