第25話、世界一周中に海外就職活動した話(完)

最終更新: 2019年9月8日

さて、世界一周中に海外就職をしてそのまま腰を据えてしまおうという話の完結編です。


住所不定無職で会社に属さない世捨て人となり地球上をプラプラしていた若かりしあのころ、、、その時どういう人に出会いどういう価値観を学び、そしてどういう行動をとるか、それがその後の自分の人生を作る。

僕の海外放浪時代はまさに、その毎日毎日が人生の分岐点といった感じでした。


ちなみに何故海外就職に挑戦してみようとかそんなノリになるのかというと、僕も同様に世界中の色んな人(旅人)に出会い、自分のやりたいことで食っていってる話だとか、放浪の果てに自分の住みたい場所を見つけ、そこに移住して暮らしている人の話だとか。

そういう人の話を当たり前に聞いていた日々だったので、まあ自分も可能なんじゃないか?


と、背中に羽が生えた気分になっていたのです。





さて、僕の今回のジョブターゲットは簡単にいうと目標は、再び『犬ぞり操縦手』に帰り咲くこと。

具体的に言うとそれをやってる会社を見つけなければならない・・・・つまり海外就職、もしかしたらそこへ移住することにもなる。



しかしそんな簡単な話しではありません。



ここがもし日本なら・・・

単純に北海道なんかの犬ぞりやってる会社に突撃しに行くだけですが、ここは海外。

労働ビザだとか、言語や国境を超える問題、正規の方法で働く手順を踏まなければなりません。


ノータリンな私でもそのくらいはちゃんと理解しています。

もちろん闇で(労働許可なしで)働くなんていうことも地球放浪者はよくやっていますが、自分の天職にしたいと考えている僕がずっとそんな手段で・・・というのはさすがに考えてません。


そもそも犬ぞりなんていうのは昔の極北での馬や車が走れない場所での交通手段なだけであって今では文明の発達によってスノーモービルに打って変わってしまいました。

つまり、今日の犬ぞりというのは前の会社のような観光業、もしくは誰かの趣味でやってる人、そして数は少ないけれど一応有名なものでいえば『ユーコンクエスト』などのスポンサーなどがついてる犬ぞりレースなんてのもあります。

要するに僕が「犬ぞり操縦手になりたい」ってのは「俺は馬好きだから馬乗りになりたい」っていうのと少し似てるかもしれません。


しかし業界の規模で言えばやっぱりこっちの方が断然狭い・・・

そもそもそれで食っていけるのかどうかも疑問でもある・・・そんなことやってる日本人がいるのかも知らない、そしてやってる場所は雪がある場所、おそらく山か北国だ。


実はこれはすでに南米にいた時の後半くらいからちゃくちゃくと作戦を練っていて

出会った旅行者には自分のモチベーションを上げるためにこうやって夢を目標を語り

欧米人旅行者に出会えば具体的な情報を聞く


そしてまとめた情報では

自分で調べたネット上の情報と出会った人の話から参考にして・・・有名なところのやってる国でいえば

スカンディナビアのノルウェー、スウェーデン、フィンランド・・・

そして北国、アイスランド、グリーンランド、ロシア

アルプス山脈周辺のスイス、フランス


そもそも犬ぞりの文化自体は北米発祥だからもっとも有力なのは北米に戻ることであるけれどそれはまず考えないでおこう・・・・世界一周中に縁があってこのタイミングでヨーロッパにいたわけだし、知らない場所を開拓するのも好きだし。


とりあえず、これらの国のリストから考えなければならない。


まずは犬ぞりを仕事にするためにはそれをやってる観光会社を探さなければならない

そして日本人はヨーロッパ人とは違いヨーロッパのどこでも簡単に働ける訳じゃあない

そこでずっとやっていきたかったらその国から労働許可をちゃんともらわないといけない・・・・


そもそも労働許可をもらうって・・・・どうするんだ???


それの手続き方法は国によって違ったりするけれど、条件等はまあどこの国も似たようなものではある。

簡単にいうと、国がその人がその国で働くことがその国にとって有益になると思われればよい。難易度等は各国間の関係にもよるし、その国の事情にもよる・・・・

例えば日本人がバックパッカーでアジアを回っててそのまま日系企業など?に就職してしまうケースもよく聞く話ではある・・・・が、単純にヨーロッパは日本人にとって大陸別で言うと難易度は最も高い、特に北欧・・・相互の経済的な事情が関係してたりもするらしい。


しかしそれは開拓好きな自分にとっては逆に燃えてくる事ではあるから別にそれでひるむ事はまず無いんだけど。


とにかく


まずは自分を受け入れてくれる会社を探し、スポンサーになって政府に労働許可を申請してもらうのが一般的。

だけどいくら会社が欲しがっても国が『NO!』といえば残念ながら労働許可は下りない・・・・運も必要。


僕が働くことが国にとって有益になる事か・・・・・・・・・日本人、犬ぞり経験者、変人・・・・・この3つの強みを生かして真剣に作戦を練る。


今となっては、どこの国に行ってもどんな場所に行っても楽しくやっていける自信はあるからその仕事さえできるのならどこの国っていうこだわりは無いんだけど・・・

やっぱりまずは日本人を欲しがる会社を見つけることが最優先だな。

日本人を欲しがる会社ってのは日本人が沢山滞在してる観光地だ。


そしてもうすでに分かってたこと、ウユニの雨季と同じで何故だか特別に日本人旅行者のトレンドとしてはオーロラにもクレイジーになる傾向がある。

ってことは・・・・・・オーロラ観光で有名な国はどこだ!!!


北欧だ!!!


つまりカナダの時と似たような会社、そしてオプションで犬ぞりをやってる所を探すってことになる。それが一番確実性の高い道だと思う。


もっと調べてみると、フィンランドはサンタクロースの発祥の国だといわれてて、サンタクロース村という観光地がある

得た情報ではそこもオーロラが見える町であり、沢山のスノーアクティビティもある。もちろん犬ぞりアクティビティもやっている。

日本人旅行者も沢山滞在してるんだとか・・・・


サンタクロース村か・・・・

(全く関係無いけれど僕はクリスマス生まれなので何かの縁も感じる、そこで働けたらなんとなく面白いかも・・・・)





・・・・・・というわけで



やってきました、世界一周15ヶ国目、フィンランド到着!!






目標はサンタクロース村・・・・・

それはスカンディナビアの北一帯をラップランドと呼び、そこに位置するロバニエミという町の近くにあるようだ。





飛行機を乗り継ぎ、電車も乗り継ぎラップランドへ・・・最も一番安い方法にてそのサンタクロース村のある所を目指す。





今までの物価から考えると貧乏旅行者にとってかなり苦しい国だけれど今後この国で働けるかもしれないと思うと・・・まあいい投資と出費であるはず。


もしかしたら今回の目標・・・犬ぞり操縦手として雇ってくれるところを見つけるのがゴールだけれどそれは難しいかも知れない、っていうのもそもそも日本人マッシャーを欲しがるのかどうかも疑問である。

まあ最悪マッシャーとして雇ってくれなくても、何かそれに準じた現地のスタッフとして雇ってもらえさえすればそこから何か道が見えるかも知れないから最悪それでもかまわない。


もちろんそれすらも上手くいく保障なんてものはどこにも無いけれど今こうやって自分の能力を生かして挑戦が出来るということというのはそれ自体が本当に人生の喜びなんだ。


しかし、本当に腹案を考えて、すべてダメだった時はどうしようか??

『ボランティアでもいいから雇ってくれ』なんてことは言えない、90日だけヨーロッパに滞在が許されたシェンゲン協定で言うとあと二ヶ月もここに滞在することができないからだ


そこで、それまでに得た情報の中からひとつ浮かんだのが別のアイデア・・・

日本人にはひとつ、このシェンゲン協定を無視してヨーロッパに1年間滞在できる素晴らしいビザを取得することができるそうだ。(2012年秋の話です)


それは『ドイツワーキングホリデービザ』

条件は30歳まで、当時ヨーロッパで取れるワーホリは、アイルランド、フランス、ドイツ、デンマーク

名前はワーホリじゃないけどイギリスでは2年間のワークビザを取得できる。

雇用主が決まってる場合は条件付で35歳までスイスも一年半のワークビザ、これは技術研修生と呼ばれる類のものだ。


普通はワーホリの申請は日本から行うのもので、特にヨーロッパなんかは厳しい

その中でもドイツに関しては2010年、私がカナダにいたころにルールが改正されて

制限人数は無し、そして日本国外からでも、ドイツ国内からでもビザの申請ができるという。

そんな、日本に帰らずして一年間合法でヨーロッパにいることができるビザは本当にありがたい。



これを利用すれば、ヨーロッパに滞在できるビザはもっているから上手く時期を合わせればシェンゲン協定で滞在限定される国ではドイツ以外で3ヶ月限定でアンダーテーブルで1シーズンのみ働くことも可能だ。

もしくは、最悪給料は要らないから1シーズンでもいいからボランティアで働かせてくれ!というふうにお願いすることもできる。

もしくは今年ダメだった場合は来年また挑戦することができる。


こんな素晴らしいビザを有効活用しない手は無いだろう。


そう考えてしまえば『何が何でも今年で勝負を決める!!』ってあわてる必要も無い、例えば今年がダメだったとしても『一年はヨーロッパに住んでるから来年のスタッフのために面接をしてくれ』っていうのもありかな・・・


とにかく、今回の目標は自分を宣伝して回ること、それに限る。

もちろんそれですんなりいけばそれ以上のことは無いし

もし最悪ダメだったとしても、せっかくこうやって来てるわけだし無理やりでもインタビューだけでも受けさせてくれとお願いすることが一番重要


かな・・・・


それこそフィンランドにワーホリ制度があったらよかったんだけど

『働けるビザはあるからとりあえず一回俺を使ってくれ!!』

と殴りこみに行くことができる。しかしないものはない、しょうがない。(2012年の秋の話です)



まずは、どうやってフィンランドで働くのかを調べなければならない。



フィンランドにある日本大使館、日本にあるフィンランド大使館サイトのウェブページを見てみる・・・

世界中どこにいてもパソコン持ち歩いて、wifiにさえログインすれば日本語の情報に触れれる時代、そして英語はさらに膨大な量、すごい便利な時代だ!!(2012年秋ごろの話)


※夜間の乗り継ぎ便の合間にもこうやってひたすら一晩中調べものしたものだ。


こういうとき、英文、日本文、どちらもチェックするんだけど

僕の理解力では本当にこういうのは苦手だ、こういった文章処理は本当に内容が難しすぎる・・・・学も無く・・・そして英語なんてほとんど会話と実践から学んだような僕にとっては、こういった文章を読むだけで本当に疲れてしまって、それだけで一日が終わったりした日もあった・・・


まあとにかく

フィンランドで働くためには~~~と~~~が必要で~~~に申請する、通常はフィンランドに入る前から申請するもの。

そして『どのページにも基本的にはフィンランドに入る前に受け入れてくれる会社を探すのがのぞましい』というようなことが書いてある。

しかし特例としてごくまれに国内から申請できる場合もある、というようなことも書いている・・・・・


???????


さっぱり意味がわからん!!


英文でも日本語でも結局は良くわからないけど、全く理解できなくて大使館に電話で直接聞いてみた。それでもド阿呆な私はあんまり理解できず・・・


とにかく普通はフィンランド国外からの申請だけどごくまれに国内からでも申請できるってことで認識していいのかな???


じゃあまずは会社からのオファーを受けないといけない。

そしてそこにある会社を調べ上げ・・・いくつかメールを送ってみた。


え??どうやって調べたのかって??


それは・・・・・