絶対に成功する田舎移住方法、スローライフしたい人必見!




天空の茶屋敷も5年目となりかなりの認知度が上がってきたと思います。

おそらく八女で先進的な活動をしてる人であればほぼ全員が知ってるだろうし。九州のゲストハウス界隈を渡り歩いている人もほとんどが知ってるのではないかと思います。


テレビなどにも数えきれないほど出演してきました(今日も本来取材がありましたのですが急遽当日キャンセルになりましたが、、、)のでもう本当にこんなところにも毎日毎日ふらっと人がやってきます。元々は観光客どころか長年人も来なかったような場所なのに、、、


さて、元々は僕の周りに集う人達は、まあわかりやすく言うと俗社会で生きられないようなマイノリティーの人達でした。


ネガティブな意味ではなくアーティストや旅人など既存の社会に染まらないで自由に楽しく生きている人達。僕のカラーがそういう人達を呼び寄せてコミュニティを形成していったからです。ですがさすがに5年もやっていてそれなりの知名度が出てくるとそんな人達ばかりではなく、普通の人達お偉いさんたち人達もたくさん来ます。


で、そういう人たちの中にもよく、僕のような暮らしをしたいという人もいます。


やはり、俗社会で生きてい行くとなると、ちゃんと決まった時間に起きないといけなかったり、偽のマスクをかぶって笑顔でいないといけなかったり、嫌いな人とも付き合わないといけなかったり、雰囲気の悪いオフィスに拘束されたり、時には嘘もつかないといけない。

都会だったらさらに場所的な狭さも相まって更に嫌な空間で我慢し続けないといけません。


僕は絶対に我慢できません。ホームレスや風来坊の方がよっぽどいいです。 (真面目に働いて経済を回している方ゴメンナサイ、僕は他の事で貢献させてください)


しかしやはりそれを辞めるとなると、やっぱり先行き怖いという気持ちがあるようです。

すごくわかります、今でこそすごく楽天的に生きていますが、僕も実はその気持ち痛いほどわかります。


かつての僕は(20代前半)、自衛隊を辞めて海外放浪に出ようかどうか、ものすごく悩み、考えれば考えるほど怖くなっていました。


それもそう、今思えば強烈な洗脳でしたが『自衛隊ほどいい仕事はない!』と心の底から思っていたし、同僚や先輩たちには辞めて後悔した人の話しばかり聞かされていました。

辞めてしまえばキャリアもなくなり、学歴もない、自衛隊は全く違う世界であり、一般社会で使える特技も何もない、インターネットも制限された、今ほどSNSも発達してなかった時代、すごく狭い知見で物事を考えていた。ましては辞めるなんて言うと『辞めてどうすんだ、お前ホームレスにでもなるのか?』なんて極端なことをいう人達だらけでした。


だから本当に辞める事は恐怖だったのです。実は僕にとっての人生最大のチャレンジは

海外放浪することでもなく、人が来ないところでゲストハウスを開業することでもなく、誰も知り合いのいない田舎に移住することでもなく、自衛隊を辞めるというステップでした。

辞めたいと思ってから実際に辞めるまでに2年の時間がかかりました。


昔の僕もそうだったし、まともに生きてきた人たちにとっては、仮に田舎でのんびり暮らしたいといっても『じゃあ仕事はどうするんだ?』と思うのが当たり前だと思います。


で、そういう人たちにとってのせっかくの先人である僕は、何かで還元する任務があると思いますので、僕なりのアドバイスをしたいと思います。


このセオリーさえ抑えていれば誰だって田舎移住は成功するのではないかと思います。


さて、、、、僕がもし今の時代に仮に無職として誰も知り合いのいない田舎に移住するとしてストレスのないスローライフを確立させるとしたらどうするか??を書きたいと思います。


設定はこうです。

男性 35歳 独身 健康体

無職歴 5年 

高卒

特技なし

貯金30万円

周りには実際に田舎移住してる友人がいない

だけど田舎でスローライフがしたい



まず、地域おこし協力隊というThe田舎移住を目指す人にとっての超好待遇な職に就くことが出来ればそれだけで完結です。しかしタイミングなども色々ありますし設定ではあなたは高卒だし無職歴も長いし何の特技もコネもないわけなのでおそらく難しいでしょう。


そしてハローワークでフルタイムで働ける場所などを探すことが出来ればよいですが、フルタイムで働くと自由なスローライフはできません。ちなみにスローライフに新規就農というものをイメージする人も多いかと思いますが、実際には農家さんはスローライフとは程遠く朝から晩まで働きますし個人事業主と同じでいつもお金の計算しないといけません。


あなたが目指すのは、そういうものではなく自由でのんびりしたストレスフリーな田舎暮らしなのです!


まずは、田舎移住してる人など誰も知り合いがいないのでSNS(ここには主にツイッターが向いている)などで田舎移住発信者(僕もその一人なはず)や地域おこし協力隊などにコンタクトをとり、いい人でありあなたの田舎移住を応援してくれそうな人を探します。


今だと結構な自治体で移住者やノマドワーカー向けの長期で安く泊まれるシェアハウスなどあります、相場は光熱費込みで月3万くらいでしょうか。月5万以上とかするところは商業的だったり無駄に奇麗にしすぎてたり、付加価値つけすぎですのであなたの貯金からはちょっと難しいです。


(ちなみに僕のシェアハウスは光熱費込みで16000円です、付き合いのある緑茶組合だったら条件付きでもっと安くできたりします、こういう人を探すのがおすすめです)


移住の足掛かりとなるシェアハウスに安く住むことがあれば、貯金が30万あればしばらく働かなくても良いですが、そんな余裕でいたらよくないので。


開業しましょう、何でも屋です。


名刺を作り、『移住者です、仕事がないので僕を使ってください。農業バイトや肉体労働などなんでもやりますので必要とあったら読んでください、自給1000円くらいからお願いします』

という感じで会う人会う人に自己紹介していくのがよいでしょう。


Facebookなどを開けばその土地でも色んなイベントやってるので顔出してその名刺を配りましょう。うちでいえば語ろう会など移住者に友好的な会や山村塾のようなNPO団体のようなものがあればそういうところが主催する集まりに参加するのが最高です。いくら閉鎖的な田舎社会といえど少子高齢化の進むその町を何とかしたいと頑張ろうとしている人達は必ずいます、そういう人達は移住者にかなり友好的で色々と世話してきてくれるかもしれません。そういう友好的な人達がいないのであれば別の田舎がよいかもなのでなるべく早く見極めましょう。


そうやって少しづつ繋がりができると貯金が尽きる前にはつながりの中から仕事をもらえたりします。自給1000円で週20時間くらい働ければ月8万円くらいは稼げるようになります。


支出が少ないのでそれでとりあえず食べていけます。

もちろん物質的なぜいたくはできないですが、労働時間はフルタイムで働いてる人達の半分であり責任もないので圧倒的な自由時間という贅沢を謳歌できます。


車なんてもちろん買ってはいけません、固定費がかかるし、その分自転車に乗ればエコだし体力もつく。Wifiだって契約しなくてもwifi使える場所は今の時代田舎にはたくさんあります。余暇としてサイクリングしたりちょっとした畑を耕してみたり、仲良くなった人達と山登りなどを楽しむのがよいです

家の娯楽はネットフリックスをシェアすれば月500円、それとスマホ一台だけで昔の人よりは十分贅沢です。


この稼ぎではもちろん飲み会やジュースやお菓子を買うお金はないですが、そんなもの無い方が健康に良いのでむしろ最高です。



半年くらい、そうやって人手不足の人のところを転々と働いていたらものすごく感謝され、繋がりはどんどん増えていきます。そろそろシェアハウスから独立したかったらそこでできた繋がりに聞いていけばよいです。運がよければ『ボロいけどうちの空き家住んでいいよ!』という人も出てくるかもしれません。


家賃は月1万だったり、何かの対価で無料だったりで住めたりもするでしょう。


そうなったら今度はあなたがその家を開放して、移住したい人だったり旅人だったりを泊めて迎え入れてあげたらいいでしょう、これ、僕がゲストハウス開業前にやってたことです。

一泊500円などでもいいでしょうし(この額だと法律で叩かれることはないらしい)僕は無料で無限に泊めていました。布団なんかどこにでも余ってます。


そういう人達と少ないお金でシェアし合えばもっと節約できるし、なにより夕食を囲んで食べるというのは現代人が失ってしまった豊かさです。そうやってたくさんの感謝を得ることにより、、、幸福度高く生きれます。これだけで充分です。



ですが、それでもやはり週20時間も働きたくないなという人は、それまでにできたたくさんの繋がりを大切にしつつユルく事業をはじめてみるのがいいでしょう。


時間を売る→物を売る変化へのチャレンジです。今まで受動的に働いていたのが主体的に働くようになると考え方によっては労働という概念から卒業できます。

緩やかに変化させることが大切です。くれぐれも大規模に投資してはいけません、四六時中頭の中はお金の計算でいっぱいになってしまいます。やるべきのは在庫のなく支出の少ない事業です。



僕が今ぱっと思いつくのは、、、マッサージ、そのまま家を民泊やシェアハウスにしたり、あとは応援したい米農家さんから年契約して買った米にちょっと値段をつけてたくさんできた繋がりに売るとか、、、野草を集めて野草茶ってのもいいですね。


それがある程度、人並みに稼げるようになったら車を買ったり、お嫁さん探しをするのがよいかと思います。そうなれば田舎移住してスローライフは成功といえるでしょう!


222回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

出版社が決まりました。

今年のチャレンジ、本を出版したいという事でしたが、クラウドファンディングからも125名と応援いただき、その後も順調に事が進んでおりました。 まず、クラウドファンディングが終了する時くらいに数社からのオファーを頂きまして。 全部話を聞いてみた上で、この出版社にお願いしようという事で話が決まりました。 そして会社の方からも正式に公表してよいとのサインが出ましたので公開します。 こちらの会社です。 ht