• Jiro Sakamoto

学校・社会に馴染めない、会社辞めたいなと思う人たちに読んで欲しいです。

最終更新: 2019年3月24日

今の僕の仕事、山奥でゲストハウス経営。

今でこそ、こういう仕事をやってるからこそ多種多様性のある生き方をしてる人が自然と集まる環境ができてるのですが。


しばしば特殊な問い合わせをもらったりする事があります、お子さんを持つ友人などで、不登校だったり学校をやめちゃったりした子に『世界のジロー』のお話をして欲しいという意見をいただいたりします。


それはもう、本当に僕が力になれることであれは喜んで協力したいです。


ちなみに、今年の夏は里山留学体験としてジロ親父としてたくさんのそんな感じの10代の子たちを茶屋敷にて引き受けたりしました。


是非、僕の話で誰かの役に立てるのであれば喜んでお話をさせていただきます。


と言うのも、僕こそがもともとは日本社会に適合出来ずに昔から悶々と生きていた人だからです。


そして一度きりの人生、自分の生きたいように生きるようになってから人生ものすごくよくなりました。



世界のジローの学生時代

幼なじみには恵まれてワイワイバカやっていただけなので中学までは楽しかったけれど。

僕の高校の頃は、本当につまらない日々を過ごしていて、ずっと辞めたい辞めたいと思っていながらも、当時はそんなことを相談できる人が周りにいなかった為、我慢して最後までやり抜いて卒業しました。


とはいえ、中学は義務教育、高校は必ず行かないと行けないわけではないので、それは自分の選択でした。


それは中学の先生たちが「頑張れ、頑張れ!」と柔軟性のない指導でハッパをかけてくるのに対し、僕も素直に先生たちの言うことを受け止めて、部活は誰よりも努力し、キャプテンを務めたりしていました。


致命的な性格なのが、けして頭が悪いと言うわけではないと思うのですが、じっと座って授業をきくことが誰よりも苦手だった為、勉学ではものすごく成績は悪い方でした。

けれども、「頑張れ」と言ってくる先生たちの期待に答えたくて、高校受験は必死でがんばって、自分の実力より上の進学校に見事合格してしまいました。


今となっては昔話なのでなんてことない話なのですが、はっきり言ってこれが人生最大の選択ミス、黒歴史です、、、、

自分の実力以上の進学校へ行ってしまったので。もちろん成績は学年でも一番下、それだけならまだ良かったけれど、僕の性格的な問題。キャラ的に浮いてる存在だったので周りとのノリについていけず、友達があまり出来なかった。


当時、せめてイジメられる存在にはならない為に、筋肉だけは誰よりも鍛え上げて武装していたからなのか、そういう対象にはなりませんでしたが友達と呼べる人はできませんでした。


その高校は自分で志望した通りの道だったのでそれは誰を責める訳でもありません、保守的な家で育ったので、当時はそれ以外の道を教えてくれる存在もきっかけもなかったので、『高校に進学する』それだけがすべてでしたし、全くその常識を疑うこともありませんした。


そして、高校辞めたいと思っていながらも辞めることをかなりネガティブなレッテルだととらえてしまっていたことで踏み切れない決断、楽しくない毎日でありながらも最後まで我慢して卒業しました。ちなみに卒業はしたけれど卒業式にはでていません。


人生でもっとも無駄だったと思う3年間を振り返ってみて

高校を卒業した後は僕は10年くらい九州を離れているけれど、八女に移住した今、その気になれば高校の同級生にあうこともできるのですが、高校を卒業したあとの同級生とつながりなんて全くありませんし、同窓会には一度行ったことはあるけれどやっぱり雰囲気に馴染めないからつまらないのでそれ以降は行ってないです。


せめて、自分なりに肯定して高校から学んだこと、得たことをあげるとすれば、、、、


集団と言うものがどう言うものか理解できたということ。


それ以外はまるきりなにも役に立っていないと思います。


一つ、一番わかりやすい例を挙げるとするなら、当時僕をメチャクチャバカにしていた今の僕の年齢くらいの英語の先生なんかよりも今の僕の方がまちがいなく英語力ははるかに上だと思うし、そんな全く使えない、先進国のなかでは世界最低レベルの英語力を日本社会に量産している元凶になってるしょぼい教育システム。


面白いことに、僕は学生時代にほとんど赤点しかとったことない、その中でももっとも苦手な科目が英語でしたが、今ではたびたび八女市やNPOから通訳として雇われたりもしています。


何かを学ぶのであれば学校に通わなくても実践の方がいいし、今はその気になればネットなどからも色んなことを無料で学べる時代です。


もし仮に在学中に人間的に尊敬できる師に出会えていたり、友達に恵まれて楽しい日々だったらそれでも学校に行く価値はあったとは思いますが、僕の場合は残念ながらそんなことはありませんでした。

という感じで人生でもっとも無駄な3年間でした。


世界のジローの高校卒業後の話

とはいえ、僕もまあ、本当に無駄だったと思う高校3年間の後は、もっとも僕に向いてないと思う超集団主義の陸上自衛隊に6年も在籍してました。

自衛隊でも同様に個性が浮いてる僕はKYだとバカにされる存在だったし、周りの意志をくむことが苦手なので職場として望ましくない動きばかりしていた僕でした。そういう人にはエースという不名誉なニックネームがつけられます。

人の話をじっと聞くのが苦手な僕は特に自衛隊の教育訓練期間中なんてさんざんでした。

今思えばもっとも自分に向いてない職場に6年もいた訳ですが、、、

まあ当時、僕のことを非難する人は沢山いたけれど、少数ながら僕のことを好きでいていくれる人も少しながらいてくれました、判定は難しいですが楽しいこともありましたので自衛隊生活は全部が無駄だったとは思っていません。


あと、当時の幸福度はものすごく低かったけれど、自分にもちゃんと我慢をしていた期間があると言うことはまあ思い出としてはアリと言えばアリかなと思います。

一つ言うのであれば経験としてはアリですが、もっと早く決断して1年か2年くらいで辞めれば良かったと思ってます。


(もう一つ、自衛隊6年やってよかったことといえば、海外放浪とゲストハウス開業のための資金が貯金できたわけですが、まあ僕はそもそも周りに流されずに貯金できる人なので、そういう人はどこの職場でも貯金出来るし、できない人はできない、そこら辺はまあそこまでデカくはないですね。)


その後

一度決めた道は最後までやり通すという常識で育った僕にとっては人生最大の決断。

思い切って自衛隊を辞め、貯金とクレジットカードとパスポート以外ほとんど引き払って、日本を出て世界一周の旅に出ました、当時2010年は日本ではFBなどのSNSは流行ってなかったので、携帯を解約したら友達ともほとんど連絡がとれなくなるので、ほとんど友達リセットしてキャリアも捨てて、ゼロからのスタートみたいなものでした。



それ以降は自分の気持ちに正直に生きて、好きなことしかしてません、、当初は日本社会が嫌いで絶対帰ってきたくなかったのですが、結局、色んな価値観にふれ、考え方は変わり、ゆくゆくは自分の選択によって、日本に帰ってきました。


帰ってきて以降、知り合った、僕を必要としてくれる人たちに引き上げられて、今の事業を開業する事になりました。




生きたいように生きることによって自分の人生がもの凄く良くなった一例です。


今となっては世界中から毎日、いろんな人がここに来てくれるし、わざわざ僕の話を聞くためにはるばる会いに来てくれる人もいれば講演会に呼ばれたりもしています。


不思議なものです、集団のなかでは存在価値のないゴミ扱いされてしまうの僕なのに・・・

まさに適材適所という言葉どおりですね。



今の自分ができるアドバイス

今の自分が当時の自分に最良のアドバイスをあげるとすれば、少し我慢して経験として一年ぐらい、高校に通う経験をしたあとは辞めて別の道に進むことをアドバイスすると思います。

『辞めても大丈夫だよ、もっとも勿体ないのは自分に向いていない場所にいて過ごす日々だよ』と

頑固だし視野が狭かったので当時の自分はこんなアドバイスは聞かないと思いますが、、、


確かに高校や大学を卒業しないことによって今後の人生で不利になること、どう頑張っても入れない企業なんかはたくさんあると思います。

しかし、不景気で不安定な時代、大企業でさえも不安定といわれています。

そんな昨今ですが、逆に学歴なんてあまり関係ないということが少しずつ理解されていっている世の中だし、少子高齢化が進むことにより、どこも人材不足、どこにでも仕事はあります、つまりどうあっても生きていけます。


生き方の多様性も昔よりかなり認められるようになりました。まだまだ諸外国と比べるとそこらへんのメンタリティで日本は後進国だと思いますが。


逆に人を書類などでしか判断しないような血の通わない選び方をするようなシステムに属する方がどうかとは思います。

それに、しっかりとレールにのってちゃんと高校や大学も卒業していいところに就職する、そうすると確かに待遇はかなりいいようですが、それでも幸せになれない人はたくさんいる、本当の豊かさが問われている時代です。


本当に昔より良い時代になりました。


いい待遇や社会的に認められる立場を獲得する、そのためにしっかりと社会のレールにのり、自分をカメレオン化させ、集団主義に適応し、周りのことを考えて、空気を読み、ゴマをする。


まあ人それぞれであり、そういう集団の中での調和に向いてる人、好きな人もたくさんいるものだとは思いますので全否定はできないですが、そういうものが苦手な人、向いてないなと言う人は早めに決断してそのレールからドロップアウトすることを推奨したいです。


ドロップアウトしても全然ダメ人間ではありません。

大多数の人が走っているレール、それが貴方に向いてないというだけです。


世界は広い。そんな貴方を必要としてくれる場所なんていくらでもあります。


せっかくそのレールからはずれたんだったら、一度しかない人生、自分の好きなことを仕事にするための努力をしてみませんか。


その努力は絶対に無駄にはなりません。

好きなことをやるエネルギーってのは自分と周り幸せにし、何故かそのエネルギーによって運も引き寄せたりします。


もしくは、自分は何になりたいとか、そういうのが分からない人に個人的にオススメするとすれば、せっかくだから旅してみませんか?


新しい人、価値観、文化との出会い。


あ、そういえば、一つおもしろい話があります。。。

日本で優等生とされる人は西洋国にいったら劣等生になって、西洋国の優等生とされる人は日本にきたら劣等生になるそうです。

自己主張をすると損をする日本、自分の意見を言わないと損をする個人主義な西洋国の文化の違いですね。


僕の場合はそんな日本社会が向いてないから、わが道をいく方向にシフトできたので、それはそれで良かったと思いますが、もしも西洋国に生まれていたらもっと思春期が楽しくなっていたんだろうなと思います。


旅はものすごく価値のある学校です。

今の僕の観点で言えば旅はいい投資でもあります。

世界最強パスポートを持ってるんだから、旅をしないともったいない!



以上です。

ご拝読ありがとうございました。


とうか、この記事が誰かの役に立てますように。


#学校辞めたい #職場辞めたい #アスペルガー症候群 #社会不適合者 #ドロップアウト 


0回の閲覧

© 2020 Sky Tea House