インドヨガ留学体験記~インストラクターとしての資格取得、そして自分と向き合った1か月半~

最終更新: 2019年3月24日


今回のヨガ留学でお世話になったインドのサンタナゲストハウスのblogに体験記を投稿させていただきました。


https://indiasantana.net/yoga-exp40/


書いていたら次から次へと書きたい事が溢れてきて、もの凄く長くなってしまいました。

時間があれば是非御拝読ください。


RYT200はヨガインストラクターとしてやっていく上で認められた資格のようなものであって、結構本格的なヨガ留学なのでハードル高いと恐縮してましたが、サンタナゲストハウスが運営することによって、色んな意味でちょうどいい感じでした。


また、心身の健康、エクササイズ面だけにフォーカスするのではなく、全人類が学ぶべき、生きていく上で大切な事を学べる期間でもありました。


インストラクターとしてやっていく訳ではなくても、ちょっとした人生の転機や自己啓発、興味本位、学ぶ理由は何でも良いと思います。


もしヨガ留学に興味のあるかた、サンタナの門を叩いてみてください。


(ちなみにこちらのページでも僕のゲストハウスのこと、農作業応援隊募集の広告、嫁探しPRなどちゃっかりとアピールさせてもらってます、仕事にぬかりはありません!!)


以下はblogのコピペとなります





2018年12月タームに参加した坂本さん。 開始早々に『お父さん』というあだ名が付き、一気に親近感がわく存在へと早変わりしました。そして実は異色の経歴の持ち主だったのです。 ヨガに触れ、変化したこと、感じたことをしっかりと文章に綴ってくれました。 ごゆっくりと御覧ください。




はじめに

皆さん初めまして、福岡県からのお父さんです。 (本名:坂本治郎:33歳) 2018年12月3日~2019年1月16日までの間、RYT200のヨガ留学に参加しました。

茶畑で働くおとうさん



経緯・現在の日本での活動

元々は20代のころはずっと海外放浪していました。 その中でたくさん自分自身と向き合う時間がありました。 長い期間をかけて 『本当の幸せって何だろう』 と自問自答してきたことにより、その道中にすこしずつ価値観は変化していきました。

そして 『楽しく生きるためにはそんなに多くのものは必要ない』 『自分らしく生きたい』 という考えに至り、帰国後は福岡県のとある田舎町へ移住しました。

現在は縁があってさらに山奥の限界集落に移住して小規模ながらゲストハウスを経営、そして小規模ながら無農薬お茶農家として、あとは地元の山仕事のようなアルバイト、小さいイベント企画、ガイドや通訳、たまに講演に呼ばれたり、そんな特殊な仕事をしながら、なんとかかんとか生計をたてています。

地元の方と山仕事

台湾の大学に招待され、自身の活動を話す機会も



ヨガとの出会い


腰痛との戦い

元々僕は18~24才までの6年間、陸上自衛隊として勤務していていました。 なかなか過酷な日々により、若くして体を壊してしまいました。 けれども、自衛隊生活の晩年は部隊内でのトレーニング指導官だったので、筋肉や骨のこと、トレーニング法などを勉強していたこともあり、それ以降は柔軟ストレッチを独学にて勉強して実践することにより腰痛や体の不調を改善することが出来ました。


アスペルガー症候群との向き合い

今となっては個性だとネタに出来るのですが、昔はこれによって苦しんでいた時期もありました。 ある程度大人になってから母から告げられた事、僕は昔からアスペルガー症候群の症状をもっていたということでした。

これはどう言う病気なのかというと、精神的なもの、発達障害の一種らしく。

・空気が読めない。 ・集団生活がもの凄く苦手。 ・他の人が当たり前に出来ることが出来ない。 ・発言が一方的 ・言葉の裏の意味や曖昧な表現が分からない ・会話が成り立たないことが多い ・暗黙のルールが分からない

といったような症状です。 特に集団主義な日本社会でやっていくにはかなり致命的な症状であって、僕自身も昔から、今もそうだけど、学校や職場など、集団との調和がニガテで馴染めませんでした。 (それなのになぜか超集団主義の自衛隊に所属していたなんて今考えれば本当によくやっていたなと思います)

ある年、〝そんな僕は人生を変えたい、夢を叶えたい〟と思い、 決心して仕事を辞め、俗に言う社会のレールからドロップアウトしてキャリアはすべてリセットし、窮屈だった日本社会から飛び出しました。

バックパッカー、チャリダー、ヒッチハイカー、ワーホリ、ボランティアなど。 やりたいことは何でもやる、行きたいところは全部行く、5~6年くらい海外放浪をしていました。

当時の心境としては仕事を辞めて好きな人生を歩むということに不安はありましたが結局は進み出した後は一度も後悔したことはありません。 それどころかそれ以降、海外に出てからは活き活きした人生へと変わりました。

そんな旅を続けていたある年、ある記事に出会いました。

『瞑想でアスペルガー症候群を改善できる』

と言った記事です。 先天的な障害であり、基本的に一生治らないと思っていた症状なのですが、それは目からウロコでした。それから少しずつ瞑想をはじめるようになりました。


ヒッピー達との出会い

海外放浪にでて、日本を離れて4年目、僕はニュージーランドワーホリで、とある大きなお屋敷のゲストハウスのマネージャーとして働いていました。 この頃になると、英語だけでもある程度深い会話が出来るくらいになっていたこともあり、この時期にたまたま親しかった当時の職場のオーナーや旅人などのヒッピー文化とのシェアリングは自分にとってとても学びが大きいものでした、彼らに影響されてヨガに興味をもったのもちょうどその時期でした。

余談ですが、ニュージーランドに移住しようと思っていて、せっかくワークビザも貰えるようになったのに、色々あって結局はそれすらも辞退して、ゆくゆくは日本へ帰ってくることになりました。そして現在に至ります。

以上3点、僕のヨガの入り方としては瞑想と柔軟ストレッチが入り口となっていますが、その様な流れがあったおかげで素直にヨガに出会いました。

海外放浪中

チャリダーとしてヨーロッパ周遊していた頃

犬ぞり操縦士兼オーロラガイドという珍しい仕事をていた頃(カナダワーホリ)



今回参加することになったきっかけ

今の僕の生活自体が、山奥で自然体な生活をしていて、ゲストハウスそのものがロケーションも良いので、しばしばヨガやリトリートイベントをやっています。 せっかくだから外から来てもらったインストラクターさんにやってもらうだけではなく、僕自身が勉強してそれを訪問してきてくれる人にシェアできる立場になりたいなと思いました。

天空のヨガ

面白いことに限界集落ですので冬は殆どの仕事がなくなりオフシーズンになります。 毎冬3ヶ月は自由なので今回はその冬の期間を有意義な物にするため、何かを学ぼうと思ってインドヨガ留学を決意しました。



何故インドを選んだのか

ジャガンナート付近の様子

僕の場合は特に深い理由はなく、日本が寒い時期に暖かいところで越冬したかったこと、また、世界最古と言われる日本人宿のサンタナが運営しているヨガ留学というので、いちゲストハウスオーナーとしては是非ともここに来たかったというのもあります。



インドの印象

漁村のビーチで出会った子ども達

今回インドに来たのは初めてではなかったのですが、かれこれ沢山の国を訪れてきたので、インドに初めて来た時ですでに55カ国目くらいでしたが、それでもインドはピカイチで、もの凄いカルチャーショックがあったのは覚えています。 保守的な文化が残っている、ものすごくゴミゴミして衛生面がひどい、空気もひどい、やたらとフレンドリーに絡んでくる人たち。 むしろフレンドリーを通り越して人のプライバシーに土足で勝手に上がり込んでくる人たち。 インドはそんなイメージでした。

だけど、途上国などを訪問したときによく感じること、発展してないからこそ失われてないもの。 底なしにノー天気で笑顔な人々、そんな人々をみていると幸せってなんだろうと考えさせられます。



インドでの生活

今回僕が受けた期間の12月生の同期は7人でした、あと前後の11月生が9人、1月生も2人、前後の月の人たちとは半月くらい一緒に学びました。 また、たまたま僕らが入ってきた頃に卒業していったRYT500生が4人、たまたま同じ時期を過ごしていたRYT200の卒業生2名が戻ってきていたこと、そして卒業生でありヨガスタッフの子たち、これだけで合計25名のヨガ留学生と出会いました。

どんな人が多かったかというと、仕事を辞めてここへ来た人、放浪族、自営業をしている人、ノマドワーカーなどある程度自由な人ばかり。 さすがに普通の会社員はいないだろう、、、と思いきや有給と年末年始休暇を重ね合わせ、51連休を勝ち取ってきたツワモノもいました、すごい! 年齢は20代、30代、40代、さすがに女子率高め。 そんな、いい大人達でも学生の合宿の寮ような、青春時代に戻ったような楽しい日々でした。 (ちなみに僕はこのように女子とワイワイやるような青春時代はありませんでしたがw)

同期のみんなでランチ

これは同期のみんなと出会った初日ですが、この次の日の2日目にして僕は『おとうさん』というニックネームで定着してしまいました。

32歳(当時)には見えない風貌だからだそうです。

また、サンタナロッジに泊まっていたので沢山の旅人に出会いました。彼らとの出会いが楽しすぎて、次の日の朝が早いというのに、ついつい夜中まで語り明かしていました、そこらへんは全然ヨガを学べてない、ちょぴり反省ですw

意外だったのが、RYT200の為に来た人はみんながみんな今後ヨガを教える様な事を仕事にするのかなと思ってたけれどそんな人はごく一部だけでした。ほとんどは自分の人生にヨガを取り入れてみたいだとか、45日間のヨガ漬けの生活をしてみたいとかそんな感じでした。

また、みんなバリバリとアーサナ(ヨガポーズ)が出来るんだろうと思っていたけれど、 必ずしもみんながみんなそうというわけではなかったということです。 なので、このヨガプログラムに参加するにあたり、そこまで気負ってなくても 『ちょっとインドに長期滞在してみたいな、ヨガも興味あるし、ついでに学んでみようかな』 というようなノリでもまあ大丈夫だろうと思います。

ブルクシャアーサナ(木のポース)

学ぶのは月曜から土曜日まで、日曜が完全休日となっています。 休日はアクティビティーとしてヨガスタッフさんが色々提案・企画してくれた遊びを同期と一緒にやったり、またそこに、たまたまいた旅人と一緒に出かけたりする事もありました。

寺院に行ったり ビーチでBBQやピクニックをしたり ホテルのビュッフェに行ったり アーユルベーダマッサージを受けたり バイクを借りてツーリングしたり 映画を見に行ったり

休日はスーリア寺院へ観光

プリーはインドの他の観光客が行くような有名どころよりも物価も安くその地の人も観光客スレていなくて長期滞在にはとても過ごしやすいところだと思いました。 カフェ、お土産、ショッピング、レストラン、一通り何でもそろってます。 まあしかし、レストランでいえば、僕が特にコスパが良いなと思ったのは結局サンタナロッジとサンタナホテルでした。 (ヨイショしてるわけではなく本当にそう思いました) サンタナロッジでは味噌汁、ラーメン、お好み焼き、親子丼などもかなり良心的な値段で提供してくれますので、45日間、日本食が恋しくなることは全くありませんでした。

食堂でヨガ参加者、ツーリストみんなで食事



実践クラスについて

呼吸法、瞑想、そしてアーサナ、毎朝2時間、夕方2時間。

エカパダラジャカポターサナをするプラカーシュ

アーサナではここオリッサ州のチャンピオンらしく、アーサナも凄かったし指導も人柄もとても良くて、大好きな先生でした。

ここにくるまでにも自分である程度は自分でアーサナなどをやってきたつもりでしたが、もともと誰よりも身体が固いので、出来ないポーズばかりでした。 こんなヨガ漬けの生活は慣れてないので、とくに最初の2週間は毎日筋肉痛と披露でヘロヘロ。

だけれど、

出来なくても良い 他人と比べるようなことはしない 無理はしない 痛気