話題のゲストハウス『天空の茶屋敷』を経営してくれる人募集中。

更新日:3月11日



福岡県八女市の山奥にあるゲストハウス『天空の茶屋敷』を期間限定で借りて運営してくれる人を募集しています。


ミッション

期間限定でゲストハウス天空の茶屋敷の管理運営して地域を盛り上げてください、仕事内容はゲストハウス運営に関する全てです

・家や庭の掃除

・シーツ洗濯

・予約管理

・経理

・必要に応じお客さんの送迎

・お客さんとの交流

・地域のおじいちゃんおばあちゃんとの交流

・ニワトリと猫の世話


ヘルパーではなくお留守番経営です。必要経費(光熱費や消耗品など)は負担してもらいますがここで発生した利益はすべて貰ってください。


期間

2022年9月~ 最短4か月間、最長1年間


家賃(及び事業借用料)

・月6万円+光熱費、火災保険

・福利厚生:車とカブ(小型二輪)と自転車はシェアになるけれど無料貸し出しできます


応募要件

・いい人であること

・車の免許必須

・カップルなど複数名での運営も可能です

・無職、旅人、アーティスト大歓迎


募集期間

2022年3月1日~6月30日 

募集期間が終了と同時にすぐに決まります


決定後の流れ

2022年8月半ばぐらいに天空の茶屋敷へ到着してください。

8月いっぱいは見習いとしてお手伝いしてもらいます。

9月からはゲストハウス一軒家をまるまる借りて経営スタートです。

(その間、オーナーの坂本は遠方で別の広報活動をするため不在となりますので完全に運営を任せます)


その他、概要

宿主の坂本治郎は長年の海外放浪の末に様々なドラマを経てこの場へ流れ着き、山奥の一軒家を活用して2017年より簡易宿泊業は取得してゲストハウスとして運営しています。

元々は観光客どころか人も来なかったところにありながらもゲストハウスとして開業以来、国内外から多くの人が集うようになりました。テレビやメディアの露出も多数、毎年多くの移住者を八女に引き込んでいます、この物語は一冊の本として地元の出版社から出していただきました。


今回は宿主が遠方で数か月間別の広報活動『徒歩で日本を縦断しながら生産しているお茶を売り歩く』という活動をするため、ここへお留守番して運営してくれる方を募集します。ゲストハウスを運営してみたい人、田舎、山奥で暮らしてみたい人に来てほしいです。


宿の売り上げは平均して月20~30万くらい入りますので、そこから10万くらい経費で引いた額が利益として残ると思います。イベントなどは自由にどんどん仕掛けて集客して稼いでください。


9月から最短で4か月間、最長で1年。年末年始までお客さんでにぎわいますが2月くらいになると閑散期に入りますので年明けくらいに契約を終えても大丈夫ですが、7月~8月は最盛期になりお客さんもかなり入りますので最長でそこまで利益を貰うことが出来ます。


もし応募が殺到してしまった場合は電話面接した上での印象、知人の推薦、特技、SNSフォロワー数、語学力などをもとに検討させていただきます。もし選考に漏れたとしても繋がっていただければ今後も何らかのオファーをさせてもらう可能性も十分にありますのでお気軽に問い合わせください。

閲覧数:656回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1回目 “無能のポンコツ”だった元自衛官が限界集落で見つけた「僕にもできること」 https://nikkan-spa.jp/1816683 2回目 福岡県の山奥に移住、外国人女性と暮らす日本人男性「月15万円あれば妻と子供を養える」 https://nikkan-spa.jp/1831431 Yahooニュースはリンクを張ったとしても数か月で消えてしまうようですので取材元である日刊SPAのリンク