top of page

八女市議会議員選挙へ立候補することにしました。

4年に一度の全国地方統一選挙の後半戦となりました。


日本全国で世の中を良くしたいと奮闘している若手政治家の方々に感化されたりなど、紆余曲折ありましたが、僕もここ八女市で狼煙を上げることにしました。


掲げる政策は

『子育ての理想郷を作ることによる地域活性化』

移住したくなる八女市、子供を産んで育てたくなる八女市を作る事です、詳しくは数分ほどHPを目を通していただけたら嬉しいです。

(いいねと思えたら是非清き一票を、、、)


政策もそうですが、まだまだ保守的な空気感としがらみの強い八女市(どこの田舎もだいたいそうかな)、若い世代や女性が市政に参加するというハードルはかなり高く、僕も一時期の勢いと使命感とチャレンジ精神に駆られて挑戦を決心したものの、豆腐メンタルなのであまりの重圧や一部の盛り下げて来る人の意見をまともに聞いたりなどで胃がいたくなるようなストレスで一時期は病んで寝込んでしまったりもしました。


本来は大なり小なり『八女が好きで八女の未来を良くしたい』と思ってる人であれば誰だって自由にチャレンジしていいと思うのです、そういう人達が選挙で戦う、そんな社会になってほしい。


なんの組織やしがらみにも属してない政治とは無縁の角度からやってきた移住者のチャレンジ、そういう僕だからこそできることもあるかもしれない。そしてそれに期待してくれる人も沢山いる。


次の若い世代がチャレンジしやすくなるような元気な八女市をつくるための風穴を開ける!

 

そうやって色々考えてたらまたプレッシャーに感じたりもしますが、今はほどよいストレスと緊張感によるちょうどよいメンタル状況です。


勝てば次のステージへ、負けたらただのゲストハウスの親父。どう転んでも悔いの残らないように一週間やりぬきます。


※節税と市民への騒音配慮のために選挙カーは乗りません、したがっていきなり僕からDMや直電話がかかってくるかもしれませんがどうかご了承ください。


どうぞ暖かく見守っていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。


閲覧数:215回0件のコメント

Comments


bottom of page